任意整理をして借金を処分する予定でしたが…

家族に内緒で借金をしていた時、どうにも返済ができなくなってしまい債務整理をしました。任意整理をして借金を処分する予定でしたが、すでに借金がかさんでいましたから弁護士と相談して個人再生を行いました。車の所有は許可が下りなかったものの、自宅を残すことができたのは幸運でした。借金の負担が大幅に軽減されましたし、かえって家族に打ち明けるキッカケになったので、スッキリした気持ちです。もし、債務整理を行っても、家族が負担を負う点については、心配いりません。家族が所有している資産や財産はそのままですし、ローンが組めなくなったりするなどという心配はありません。でも、借金の保証人が家族になっているケースでは異なることを覚えておいてください。債務整理をした本人の借金が、保証人である家族に降りかかりますから、気を付けなければなりません。借金の清算に必要な債務整理ですが、一般的には、自己破産や任意整理、または、個人再生、特定調停など、多くの手法があります。中でも、任意整理が選ばれることが多く、これは裁判所が関与しないので手続きが容易なこと、さらに解決が早いのが魅力です。弁護士などに依頼すれば、債権者に受任通知が送付されるので、取り立ての電話や手紙も止まります。なお、特定調停や自己破産、個人再生で債務整理を行う場合は、確実に裁判所を通さなければなりません。今から5年ほど前の話ですが、多重債務状態になって、総額で300万円もの借金を負ったことがあります。借入のキッカケは、勤めていた会社が倒産したことです。もちろん再就職を目指しましたが、どこも採用されず、それまでの貯金も底をついて、キャッシングで生活を送っていました。しばらくして今の会社で働けるようになりましたが、借金は減るどころか滞納状態が続いたため、弁護士に依頼して債務整理をしました。今は安定した生活を送れていますから、あの時債務整理の決断をして良かったと思っています。債務整理についてですが、気を付けてもらいたいことがあります。債務整理は抱えきれない借金を整理でき、新しいスタートを切るのに有効な手段ですが、無事に解決するまで数ヶ月かかる場合があります。中には、この期間中にも資金が足りなくなり、再び借金をしたいと考える人もいるでしょう。ですが、どこかで借入するようなことは、どのような事情があっても止めましょう。このような行動が明るみになってしまうと、裁判所での立場が悪くなって、弁護士が辞退したり、債務整理が失敗して支払義務だけが残るケースもあります。カードローンはお金が足りなくなった時の助けになります。でも、使い方によっては返しきれない程に借金が膨らんでしまうかもしれません。これ以上の返済が不可能になった時に利用したいのが債務整理です。任意整理以外の債務整理を行った場合、裁判所を通して債務を返済可能な状態になるまで減らすことができるでしょう。ですから、多重債務を解消し、日常生活をやり直すことができます。実際に債務整理をすると、会社にバレてしまうのではないかと思い、債務整理に対して消極的になってしまう方がいます。けれど、債務整理をした結果、そのことが会社に発覚するケースは稀です。債務整理の中でも任意整理を行ったのなら絶対にバレないでしょう。なお、そのほかの債務整理を選んだ場合でも、弁護士がしっかりと債務整理の手続きを行ってくれたら、会社にまで通告が送られてくるような可能性は低くなります。むしろ債務整理をせずにいる方が、思わぬキッカケで会社に伝わってしまう可能性が高いといえます。可能であれば、弁護士に債務整理の相談をした方がいいかもしれません。司法書士の場合、1社からの債務額が140万円以上という大口の債務整理には関われないと、法律で明記されているからです。弁護士の場合はこうした制限は設けられていませんから、大きな借金がある人も安心ですし、訴訟時には弁護士の方が有利だといえます。さらに、弁護士にお願いした場合は、債務整理手続きに入ってから、すぐに取り立てをやめさせることも期待できます。一般的に、債務整理をしたらこのことが信用情報機関の金融事故欄に載ってしまうでしょう。具体的にはブラックの状態なので、時間を置かないと、クレジットカードや銀行ローンを利用することが不可能になります。どのくらいの期間かというと、債務整理では、ブラック状態が解消されるまでにだいたい5年はかかってしまうでしょう。多くの人が、債務整理では弁護士などに依頼することを考えると思います。とはいえ、当然、お金を支払わなければなりません。金銭的な余裕がないので頼んでいるのに、という気持ちになるとは思いますが、仕方がないことですから、割り切ってください。ですが、こちらの事情を汲み、支払は分割や後払いでも可能な事務所も少なくありません。あまり悲観的にならず、まずは問い合わせてみてください。